« 年末戦線秒読み  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 原油高と高速料金  ~ゆうてもええかな~ »

2007年11月16日 (金)

守屋氏喚問後は  ~ゆうてもええかな~

 国会で守屋前防衛相事務次官の証人喚問が続いている。山田洋行元専務の宮崎氏から受けた過剰接待の実態を聞かれているわけだが、15日の参院外交防衛委員会での証人喚問では、ついに政治家の名前が出てきた。現閣僚と元閣僚の二人、山田洋行持ちの宴席にいたと証言した。
 当然のごとく、現閣僚と元閣僚……面倒だ、久間元防衛相と、額賀財務大臣だ、接待を受けたことは記憶にないと逃げるだろう。野党はここぞとばかり、二人の証人喚問を要求し、参議院での対テロ新法の審議を遅らせようとするだろう。守屋氏は退職金の返納に言及している。刑事罰も覚悟の上と言う。小池元防衛相と戦ったころの面影はどこにもない。
 話が日に日に大きくなっているようだが、実際は守屋氏の証言の内容がふくれあがっているだけで、検察が立件しているわけではない。誰に捕まったわけでもないのだ。宮崎氏は、業務上横領での逮捕で、贈賄についてはまだ捜査段階である。守屋氏にしてもそう。収賄での立件はまだなされておらず、なのにどんどん接待額や回数、内容について証言しても、それが収賄を立証することにならないことを知っているから喋るのだ。
 この場合、接待やゴルフの回数が多ければ多いほど、立件が難しい。数回の接待で、その後に山田洋行に便宜を図った、これは接待と便宜、贈収賄の関係が明確だが、長期間接待漬けだと、それが慣行になっているから、どの時点での便宜供与とつながるのか、よく分からない。だから、贈収賄だと特定しにくい。逮捕に至るほど容疑を固めることすら難しい。
 本人がそうなのだから、その証言で出てきたお二人も、知らぬ存ぜぬで通せば、そこまで。本当は防衛利権に絡む巨大な疑獄事件に発展する可能性があるにもかかわらず、突破口がなくて、これ以上の進展が見込めない可能性がある。証人喚問で国防の何が良くなるのか。
 それを知った上で、べらべら喋っているんだろう。退職金返納も、ほとぼりが冷めたころにどこかの顧問か何かに納まれば、元は取れる。
 国会って、何をやるところだろうね。
                                   (仲)

                                   戻る

« 年末戦線秒読み  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 原油高と高速料金  ~ゆうてもええかな~ »