« 亀田家の失敗  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 人を見たら嘘つきと思え  ~ゆうてもええかな~ »

2007年10月26日 (金)

白は再起、赤福はどうだ  ~ゆうてもええかな~

 もう、赤福は食べられないのか。
 伊勢の名物なので、馴染みがない地方も多いだろうが、京阪神でも売っていたので、私は子どものころから知っていた。独特のキャラクターが出てくるCMも懐かしい。
 京阪神の小学校の修学旅行といえば、伊勢神宮に参って鳥羽の真珠島見物、というのが定番で、おみやげには赤福。しかし、小学生の小遣いで一箱十二個入り五百円は高い。だから、入り目を減らして九個入り三百円で買える修学旅行みやげ用サイズがあって、一人何箱、というふうに先生が注文をまとめたら、帰りの近鉄鳥羽駅に配達してくれた。今から三十年前の話である。
 餅にこし餡を載せただけのシンプルなお菓子なのだが、甘すぎないこし餡が餅の食感と相まって、うまい。一人で三つや四つは軽くいける。ただ、子どものころの記憶では、赤福は買ったその日に食べないと、一晩でもおいたら、餅がすぐに固くなる。だから、買ってきたかもらったかしたときには、その日のうちにせっせと食べ切っていた。
 だから、先日来の報道で、売れ残った餅も原料として再利用していると聞いたとき、驚いた。確かに水を加えるか何かして、新しい原料と混ぜれば、新品に近いものができるのだろう。でも、もともと、いったん固くなった餅である。舌触りのなめらかさが違ってくると思うのだが。今はどこにも売ってないので、検証できないのが残念だ。
 賞味期限偽装問題で生産を停止していた、白い恋人のメーカーは、来月中旬から生産を再開する。北海道の代表的な土産物が、立て直して復活する。赤福はどうだろう。売れ残り品の回収と再利用の手順は、かなり綿密に立てられており、例えば再加工品はもう一度売れ残らないように、販売数の多い店舗に置く、それでも売れ残ったら、それはもう使わない、といった綿密な管理の下に、偽装が行われていた。ここまでの管理能力があれば、偽装の方に頭を使わず、流通や生産管理で、偽装などせずに販売できたのではないか。
 白は再起した。赤も頑張れ。ミートホープや比内地鶏の偽装表示は無理だろうが、赤福は立ち直る力があると信じたい。
                                (仲)

                                戻る

« 亀田家の失敗  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 人を見たら嘘つきと思え  ~ゆうてもええかな~ »