« 子どももリンチ、大人もリンチ  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ISAFは民主党自爆ボタン  ~ゆうてもええかな~ »

2007年10月 5日 (金)

北朝鮮したたかなり  ~ゆうてもええかな~

 今週行われた、韓国と北朝鮮の南北首脳会談は、終始北朝鮮ペースで進み、盧大統領が最後のアピールの舞台にしたかったところを、北が丁重にあしらってお帰り願った、という形になった。北朝鮮の方が、役者が一枚上だった。
 共同宣言には、休戦状態の南北の終戦に向け、米中も加えた4者協議を実施することを盛り込み、朝鮮半島安定に近づいたように見える。また、北朝鮮は、核に関して6ヶ国協議の決定を実施するよう努力することが盛り込まれ、さらに南北で経済的相互援助を行うことで合意した。
 韓国にとって、何のメリットがあっただろうか。非核化、軍事分野での合意が得られたことはプラスだろうが、そもそも非核化は、6ヶ国協議の枠組みで合意している。軍事分野での言及内容についても、南北両国ではなく、米中を引き入れることが前提にあって、つまりは軍事面で直接韓国と話し合うつもりは、北朝鮮には無い。米国を交えて協議し、テロ支援国家指定の解除を得るためのものと言えよう。韓国は、こと軍事面での合意は、当て馬にされたと思っていい。
 さらに、南北両国の経済的相互援助というものの、北から提供できるのは人力くらいで、北朝鮮内の工業団地の建設拡大、それに伴う道路や鉄道などのインフラ整備、技術面での協力など、韓国側から提供せざるを得ないわけで、その資金を北朝鮮がどの程度負担できるかは、推して知るべし。公的には経済に回す資金力は少なく、南からのおみやげといった感がある。今の北朝鮮体制に、資本主義の思想を持ち込むことは北側には危険で、韓国の企業が進出しても、共産体制、いや金独裁体制に組み込まれていくだろう。韓国側が得る利益は小さく、南北交流の窓口とならないし、北朝鮮側がそれをしない。
 4者協議も、北朝鮮の思うつぼである。非核化などは、米国と直接話がしたい。しかし6ヶ国の枠組みだと、日本という厄介者がいる。非核化と見返りの話は、メンバーが少ないほどやりやすい。日本は蚊帳の外で、南北米中の協議を見守るしかない。
 日本の外交筋は、どう対処するつもりだろう。ミャンマー相手のカメラマン殺害に関する交渉を見ても、強く主張しなけりゃ放っておかれるだけなのだが、どうする。
                              (仲)

                              戻る

« 子どももリンチ、大人もリンチ  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ISAFは民主党自爆ボタン  ~ゆうてもええかな~ »