« 地震、雷、火事、豪雨 ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 安倍首相哀れなり  ~ゆうてもええかな~ »

2007年9月 7日 (金)

小泉改革の揺り返し  ~ゆうてもええかな~

 大地震が起きると、必ず揺り返しの余震が起きる。本震を越えることはないが、かなり近い大きさの揺れを記録することもある。
 小泉内閣の間に、自民党の体制がぶっ壊され、内閣と官庁の関係も大きく揺れた。そんなに入れ込むほどのことかと思う郵政民営化に血道を上げ、参議院で否決されたら、衆議院を解散して民意を問う。小泉チルドレンを送り込んで、劇的な勝利を収めた。そして、政界を揺るがせるだけ揺るがして、再建の道を示さぬまま、任期だからと引っ込んだ。
 その揺り返しが、今も続いている。安倍政権も、発足当時こそ改革だの美しい国造りなどといっていたが、今まで小泉流目眩ましで見えなかったところが、白日の下に現れた。魔の農水大臣ポストを始め、閣僚の辞任や更迭が相次ぎ、内閣自体が揺れた。
 それと、年金問題。消えた年金の一部は、本当に社会保険庁の職員の懐に消えていたのだから、恐れ入る。誰の金だと思っているか。税金から給料をもらっておきながら、納付された年金も懐に入れるなど、盗っ人猛々しいとはこのことである。年金改革、社保庁解体と言っても、それで年金が適正に運用されると、誰が信じるものか。就任早々、舛添大臣が怒りの会見を開いたのを見たが、この人もそのうち、頭を下げる方に回るのだろうか。
 揺り返しで足もとがガタガタの時に参議院選挙があって、与党は過半数を失うという大激震に見舞われた。こうなると、総理総裁といえど、自分がしたいことに着いてくる人はいない。徐々に小泉以前の自民党に戻って、余震を抑えていこうとする自民党の意志に従わざるを得ないのである。もはや安倍首相の指導力に頼っている人はほとんどいないのである。
 これで揺り返しは治まったと思っていいと思うが、新たな激震のタネはすでにある。舛添人気でアップした支持率も降下気味。民主党も足もとが頼りないが、それを攻める手がないから、防御を固めるしかないが、それも期限がある。次の衆議院選挙がリミットである。当面解散できず、任期満了まで守りの体制なら、小泉政権が飛ばしたチルドレン達の苦戦は必至。過半数割れはないが、実質上勝利のライン設定に苦しみ、最悪、退陣になりかねない。また、政治は大揺れに揺れるのである。
 安倍さん、悪いことはしてないんだけどねえ。いいこともできてないからなあ……。
                        (仲)

                        戻る

« 地震、雷、火事、豪雨 ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 安倍首相哀れなり  ~ゆうてもええかな~ »