« 小泉改革の揺り返し  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 値上げ値上げで秋が来る  ~ゆうてもええかな~ »

2007年9月14日 (金)

安倍首相哀れなり  ~ゆうてもええかな~

 先月初め、この欄で、参院選惨敗後も総理総裁の職に留まる決意をした安倍首相に対して、その判断を支持すると書いた。ただし、民意が見えない内閣改造をするようなら、自民党の復活はない、とも。
 そして、9月5日。インド洋上の給油支援を続け、テロに対する国際協力を国際的公約として退路を断ち、国会を召集し、所信表明演説を行った、その翌日である。演説しっぱなしで、職を辞した。
 このタイミングでの辞意表明は、無責任ともお坊ちゃまのわがままとも言われたが、翌日にはストレス起因の胃腸障害で入院したところを見ると、限界であったことは想像に難くない。何が限界であったか。この混乱した政局を支えるだけの気力体力が限界だったのだろう。
 そもそも、安倍首相が就任するときから、この参院選の敗色は見えていた。経歴に傷を付けず、エリートとして登板させるため、ワンポイントリリーフを立てる動きさえあった。しかし、世論の支持を背に受け、安倍首相は誕生した。が、安倍首相は重要な改革法案成立を優先し、民意を見ることをしなかった。閣僚の不祥事も、悪く言えば要領が悪い。求心力を得るための根回し、人脈が不足していたと推測する。
 参院選惨敗後も留まったのは、テロ特措法案、もしくはそれに代わる新法の成立に拘ったからではないか。自分で何とかしたい、民主党とも話し合って(これは公に、ではなく、内密に民主党に頭を下げて)世界の中の日本の立場を維持したい、そして幕引き、というのがシナリオだったように思う。しかし、(内密に)会談を申し入れたら、小沢代表は、公の場で、と突っぱねた。自民党に手を貸すことは、民主党にとっても命取りになりかねない。万策尽きて、気力が折れてしまい、辞任表明に至ったのだろう。
 哀れなり。どれくらい哀れかは、海外メディアを見れば分かる。好意的に功績をたたえる論調は、ほとんど見られない。しばらく休むがいいさ。
                               (仲)

                               戻る

« 小泉改革の揺り返し  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 値上げ値上げで秋が来る  ~ゆうてもええかな~ »