« バスごと韓国人拉致  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ボンズは偉い  ~ゆうてもええかな~ »

2007年8月 3日 (金)

新安倍内閣はどうなる  ~ゆうてもええかな~

 参議院議員選挙で歴史的大敗に追い込まれ、批判を受けつつもなお、総理総裁の座から去ろうとしない安倍氏に、申し上げる。
 貴殿のその強き意志と決意に、敬意を表する。負けたから辞めろ、というのは、従来の考えからして当然の批判であり、それが民意と考えていい。閣僚の不祥事が連発し、しかも事務所経費の不明瞭処理問題で自殺にまで追い込まれたポストに据えた閣僚が、同じ込事務所経費処理が不明瞭で矢面に立たされた際の処理がトドメではあったが、それ以前に重要法案を次々と強行採決で無理矢理通した手法に、民意は付いてこなかったのである。
 法案の内容や審議が伝わらず、先陣を切って強行突破する貴殿の後ろ姿しか有権者は見えなかった。党の顔、政府の顔、日本国の顔として、国民に対峙して説明すべきことがもっとあったはずである。年金問題に霞んでしまったが、政治とカネのことについても、教育についても、税制についても、経済成長についても、『美しき日本』の言葉で象徴させてしまい、未来像を丁寧に説明する必要があった。しかし、国民は貴殿の顔を見ることはできず、強行突破する背中を見せられて、付いていこうにも追いつかなかったことに、貴殿は気付かれただろうか。
 結果として、民意は自民惨敗となった。勘違いしないでいただきたい。民主党が大勝したが、民主党を国民が選択した結果だと思わない方がいい。民主党に入った票のうち、自民党支持者の票が1割以上ある。マイナスイメージを払拭するだけで、票は戻ってくる。貴殿は『自民を選ぶか民主を選ぶか』と叫んでおられたが、実際の国民の判断基準は、『自民をなおも指示するか、お灸を据えるか』であって、本気で民主党を政権政党にしたいわけではない。
 貴殿はご自身の判断で、総理総裁の地位に留まることを選択された。そのご判断を、当面は支持させていただく。貴殿が辞められても、他の方がすぐに起つ準備をしておられるとは思えず、政局が一挙に流動化することは明白。月末の改造内閣で、どういう体制を作られるのか、見守ることにしたい。そこでも民意が見えない組閣をされるようなら、自民党の復活は無いと思われよ。
                          (仲)

                          戻る

« バスごと韓国人拉致  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ボンズは偉い  ~ゆうてもええかな~ »