« 全員生存は奇跡  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 小泉改革の揺り返し  ~ゆうてもええかな~ »

2007年8月31日 (金)

地震、雷、火事、豪雨 ~ゆうてもええかな~

 9月1日は『防災の日』である。84年前のこの日、関東大震災が起こり、首都圏の広範囲が焼失した。 『防災の日』が制定されたのは1960年で、毎年防災訓練を繰り返しているが、最近の防災は、考え方を変えなければならないように思う。
 地震。20年前の阪神淡路大震災で、初めて震度7を記録した。記憶に新しいのは、3年前の中越大震災。そして、能登地震があって、今度はまた東に戻って、今年の中越沖地震。プレートの歪みが緩和する際の震動が地震、というメカニズムであれば、中越地方にはしばらく大きな地震は来なかったはずだ。新たに分かったのは、海底断層の存在と、その影響の大きさ。予想されている中南海沖地震や南海地震では、プレートでの地震発生を想定しているが、未知の海底断層が網羅されている状況ではなくて、つまりは日本中のどこでも地震が起こりうる状態だと言える。
 雷。最近は落雷による施設の被害が増えている。電車が止まったり、火災によるシステム障害が起きたり。電子機器の使用が広がるに従い、落雷の影響も見逃せなくなっている。
 火事。これはどこの住宅、建物でも起こりうる事態である。以前、歌舞伎町のビルで非常階段が物置代わりにされていたところで火事が発生し、逃げ遅れて多くの被害者を出した。逃げ道確保は必要である。
 そして、集中豪雨。これから台風のシーズンであるし、秋の長雨の季節である。ヒートアイランド現象の影響か、単に海水温だけの問題か、積乱雲が急速に発達して集中豪雨となる状況には、以前に増して注意が必要である。山間部なら土石流や鉄砲水、都市部では地下街への浸水や、地下設置駐車場への浸水による被害が予想される。何しろ、山も街も、排水・保水能力が数十年前に比べて落ちているところに、単位時間あたりの集中豪雨の降水量は、増加傾向にある。温暖化の影響なのか、亜熱帯のようなスコールがところ構わず降る傾向にある。
 重々、ご注意召されよ。いざというときの対応を決めておくかどうかで、生存率も変わってくるだろう。
                          (仲)

                          戻る

« 全員生存は奇跡  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 小泉改革の揺り返し  ~ゆうてもええかな~ »