« 原発だけが問題か  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 新安倍内閣はどうなる  ~ゆうてもええかな~ »

2007年7月27日 (金)

バスごと韓国人拉致  ~ゆうてもええかな~

 アフガニスタンで起こった、タリバーンによる韓国人ボランティアメンバーの連れ去り事件は、現時点の状況では、リーダーであった牧師が殺害され、他のメンバー22名は未だ人質として監禁されている状態で、解決のめどは立っていない。
 要求は、逮捕されているタリバーン・アルカイダのメンバーの釈放を求めている。極めて身勝手で、卑劣な犯罪であって、いかにタリバーンの活動に主義主張があったとしても、許されることではない。国際政治上の問題、各国政府の対応、交渉チャンネルの問題など、情報戦の様相を呈しているが、今回はタリバーンの行動に義はなく、22人の安全を確保するべきである。国際的に衆目を集めてしまったし、人質の人数も多い。当事国は政権をも左右しかねない問題だが、タリバーンの要求を呑むことは、次の拉致事件を生むことと同義であり、認められるものではない。
 タリバーンとて、すでに1名、牧師を殺害してしまっているが、これ以上の犠牲者を出すことには、メリットがない。非人道的組織として国際社会を敵に回し、今まで以上に非難と監視、締め付けが強くなり、組織への圧力が高まることだろう。壊滅することは無理だとしても、後ろ盾となっているパキスタンをも巻き添えにして、人命軽視、異教徒軽視に対する非難がさらに強くなりかねない。
 タリバーンは以前、偶像崇拝破壊と称して、バーミヤン大仏に砲撃を加え、先人の遺跡を破壊した傲慢な所行として、さらに国際社会はタリバーンに非難の声を上げた。現在、アメリカの侵攻に始まったタリバーン側と戦闘で、都市部はNATOが指揮する国際治安支援部隊の勢力が鎮圧しているが、地方ではアメリカに反発する勢力がタリバーンなど武装勢力と結びついて反撃するなど、泥沼化している。
 そこへ、今回の事件。22人の扱いを誤ると、タリバーンとてダメージを受けるだろう。許されざる行為は、孤立を深めるだけである。
                              (仲)

                              戻る

« 原発だけが問題か  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 新安倍内閣はどうなる  ~ゆうてもええかな~ »