« 改革の前にすること  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ふるさとにも納税  ~ゆうてもええかな~ »

2007年6月22日 (金)

ミンチでピンチ  ~ゆうてもええかな~

 国会会期延長が決まり、自動的に参議院選挙の投票日がずれ込んだところから、実質、選挙戦に入ったと言っていいだろう。法案のゴリ押し成立が難しくなったら会期延長。これは安倍政権の失点だろうと思うし、その他いろいろ書きたいことはあるが、もっと瀬戸際に立っているお方の話をしよう。
 北海道の食品加工卸会社の牛ミンチ偽装問題で、社長が豚肉の混入を7年以上前から指示していた事を認めた。記者会見で見る限り、そこら辺の中小企業にいそうな創業社長といった風情の社長で、悪気があるわけでもなく、前々からやっていることで、原料の水増しなんてどこでもやってる事じゃないの、なんでうちだけこんな大事になるの、と言いたげな表情で、さほど罪悪感を感じていないように見える。事実、似たような事例は、日本中探せばボロボロ出てくるだろう。内部告発で発覚したのだから、内心、世の中を恨んでいるように見える。
 でも、思い出してもらいたい。雪印、不二家。表沙汰になったら、自力で回復できないダメージを負った。今回のケースも、卸先は加ト吉、生協、味の素、旭松が、偽装ミンチ肉使用商品の自主回収広告を出し、JTフーズも自主回収を決めた。まだ出てくるかも知れないが、とりあえずこれだけの企業が、損害賠償を求めてきたらどうなるか。先行きは火を見るより明らかである。
 ご当人をこれ以上責めるのは酷というものだから、今後の成りゆきに任せるが、私はそれより、これだけのニュースを見てもまだ知らん振りしている企業が、きっとあるだろうということが怖い。知らないうちに、何を食べさせられているか、分かったものじゃない。まだこっそり偽装をしている企業があったら、今すぐ止めなさい。消費者が商品の安全を重視する傾向が強まった以上、コスト削減より、お金で買えない『信頼』の方が、よほど大きな企業の財産になるのだから。
                            (仲)

                           戻る

« 改革の前にすること  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | ふるさとにも納税  ~ゆうてもええかな~ »