« 景気拡大だから労災  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 年金、ねえ  ~ゆうてもええかな~ »

2007年5月25日 (金)

高校スポーツ規制再び  ~ゆうてもええかな~

 高校野球界に特待生制度問題で関係者を右往左往させたきっかけとなった、専大北上高校野球部の、高野連再加盟が決定した。これ自体は悪くないと思っている。巨額の裏金が動いたことはもってのほかだが、それは西武球団と関係した大人達が処分を受ければいいことである。高校で不祥事があったからと言って、現役の高校生が全国大会への夢を断っていいはずがない。たとえ、高野連、さらにはその大会主催の朝日新聞社の意向が働いた結果であったとしても、である。三年生は、今年が最後のチャンスなのだ。思う存分、野球に打ち込めばいい。高野連の思惑とか、思いこみにも似た独善的な振る舞いで、甲子園への道を断たれたり、退部や退学者まで出てくるようだと、生徒の才能の芽を大人が摘み取るという最悪の図式になる。教育の場で、伸びようとする才能を断っていいわけがない。まあ、その才能を使って、甲子園という場で全国へ校名をアピールし、受験者を増やそうという姑息な学校側の思惑も、どうかと思うが。
 で、今度は陸上である。高校駅伝の第一区、最長距離の区間への、外国人留学生の起用を認めないことが決まった。なぜか。身体能力に優れた外国人留学生が、第一区で日本人選手に大差をつけて独走するから、レースが面白くない、というのが理由だそうだ。何をかいわんや、である。
 そもそも高体連は、全競技で、外国人留学生のエントリーは参加者の約二十%程度以下、と決めていて、高校駅伝は男子7人、女子5人のリレーだから、外国人留学生は一人だけ参加できる。逆に言えば、一人しか参加できない。駅伝は一人の力がずば抜けているから優勝できるというものではなく、区間によって短距離長距離、上り下りそれぞれ得意な選手を配置する作戦の妙も見所の一つで、先行するチームを後ろから徐々に追いつめるのも、後半が盛り上がって大変よろしい。外部からの意見で決めることではなく、主役は高校生であることを忘れて欲しくない。高体連が接戦を演出する必要はない。どうせNHKが放送するから、視聴率など気にするな。
                            (仲)

                           戻る

« 景気拡大だから労災  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 年金、ねえ  ~ゆうてもええかな~ »