« 結末は銃  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 温室効果ガス削減の次は  ~ゆうてもええかな~ »

2007年4月27日 (金)

特待生でなぜ悪い  ~ゆうてもええかな~

 プロ野球の西武ライオンズが、アマチュア選手に裏金を渡していた問題が、変なふうに飛び火している。プロとアマの不正な金銭のやりとりが問題だったはずなのに、今は高校自体が、野球部員に金銭を援助する特待生制度の全面調査を、高野連が行っている。
 プロがアマに金を渡してはいけない。これは分かる。いわば青田刈りであって、選手、戦力と言ってもいいだろう、その公平な分配のために行われているドラフト制度を覆す不正行為である。金がある球団が、アマの選手を育て、将来の入団へつなげるのだから、野放しにするとアマ選手の囲い込みができる球団とできない球団が出てくる。これはいけない。
 で、今問題になっている特待生制度であるが、これのどこがいけないのか、私には理解できない。特待生制度とは、勉学やスポーツに秀でた生徒を、金銭的事情で才能の芽を摘み取らないよう、金銭面で優遇をする。高野連のお偉方は、どこが気にくわないのか。
 マスコミにはコメントとして、優遇されているという特権意識を持つこと、スポーツに打ち込んでいれば他のことはしなくてもいいと考え勝ちになるため、教育的見地から、野球特待生は認めない、と言うのだが、高校野球はクラブ活動の一環、などと寝ぼけたことを高野連が考えているのなら、噴飯ものである。サッカーなど、人気スポーツが多様化しているとはいえ、やはり高校野球は特別である。高校の全国大会を、天下のNHKが全試合を全国に完全生中継するスポーツが、野球以外にあるか。それも、ほぼ半月にわたって、である。
 野球に限らず、スポーツの技能を学校が優秀と認めて特待生扱いをすることを、どうして否定するのか。勉学だったらいいのか。勉学での特待生は、特権意識も持たず、勉学以外は免除されることが許されているのだろうか。もしそうなら、勉学は特待生として扱うに適うが、スポーツは特待生扱いしたら人間形成に悪影響が出るからダメ、と言っているのであって、勉強ができる子はいい子、スポーツが得意な子はそれしか取り柄がない子、というふうに大人が選別しているわけで、世の中、勉強の成績がすべてか、と叫びたくなる。
 いいじゃないか。取り柄がある子は、伸ばしてやれば。栄光を味わう者は、必ず挫折も味わうものだから。人生自体が人格を形成するのだ。好きなことやらせてやれよ。
                              (仲)

                              戻る

« 結末は銃  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 温室効果ガス削減の次は  ~ゆうてもええかな~ »