« 何のためのドラフト  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 古墳の発掘保存  ~ゆうてもええかな~ »

2007年3月30日 (金)

踏んばろう能登  ~ゆうてもええかな~

 能登半島地震が起こったとき、半日テレビに釘付けになった。日本はどこでも地震が起きるものだ、と、改めて思った。中越地震で不通になっていた道路が二年ぶりに開通した、というニュースを聞いたすぐ後だったから、なおのこと、また過疎地が襲われたかと、複雑な思いだった。
 被害者にはお見舞い申し上げる。死者が少なかったのはまだ救われた思いだが、関係者も地震に関してはノーマークの地域だっただけに、不意を突かれた住民の方々の心労はいかばかりかと思う。
 能登には、観光で行ったことがある。羽咋から海岸へ出て、山迫る道をバスで走り、日本海の夕日を堪能した。最も被害の大きかった門前を通り、輪島で日本海の幸を味わい、朝市をのぞいて、後は海岸べりを時計回りに回って、奇岩景勝を存分に眺めたものだった。
 能登半島の西側は、日本海に突き出たところを対馬海流がまともにぶつかるところだから、平地が少なく、門前あたりから北は、日本海洗う岩壁の、わずかな平地で米を作る。農地より、漁業に従事する方が多いのではないかと思うが、高齢者の比率が高く、約五十%になるという。
 地形的にも、人口変動的にも分が悪い、過疎地と言っていい地域だけに、立ち直るのはまた時間がかかるのではないだろうか。東側は、鉄道も回復し、どうにかめどが立てやすそうだが、東側は、山また山の間を縫うように道が通っているから、崖崩れで寸断されている様子をニュースで見ると、生半可なことでは立ち直れないのではないかと思う。それこそ、二年がかりか、それ以上か。
 避難民に高齢者が多いのも気にかかる。元気な方も、ストレスで病む方もいるだろう。どうか元気で乗り切って欲しいと思う。
 能登は観光で成り立っている地域だ。だからなおさら、景観が崖崩れで変わったり、行きたくても道が寸断されている状態が続けば、能登はさらに過疎化してしまい、修復されずに放置したまま捨て置かれる道路や集落が出てくるのではないかと、心配している。自然に頼って生きてきた地域が、自然の猛威になすすべ無く崩壊していくことだけは避けなければならない。
 政府は、激甚災害に指定し、復旧に尽力せよ。切り捨てはしてはならない。何年かかろうと、回復させてみせて欲しい。能登の方々には、それまで踏んばってもらいたい。それだけの価値がある観光地だと思うから。
                               (仲)

                             戻る

« 何のためのドラフト  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 古墳の発掘保存  ~ゆうてもええかな~ »