« 謝るときは全部謝れ  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 踏んばろう能登  ~ゆうてもええかな~ »

2007年3月23日 (金)

何のためのドラフト  ~ゆうてもええかな~

 天下のプロ野球球団の代表者が集まって、ほぼ一日、ドラフトについて話し合いをして、決まったことが『来年から希望枠撤廃』だけだと。偉い人たちが集まって、そんな、誰でも出せる案しかまとめられないのが、情けない。プロ野球界の危機意識が、どうやら世間の感覚とずれているらしい、ということは知っていたが、ここまで世間知らずばかりだとは思わなかった。
 今回の裏金問題で、球団は金で選手をかき集めないとダメだと思っているらしい、ということは分かった。それが世間の明るみに出て、やはり現行のドラフト制度に問題があるということで、球団代表が集まって出した結論がこれだ。なぜ今年からやらない。外野席から見ていると『今年はまだ裏金で囲っている選手がいるからだろう』と勘ぐってしまう。システムの研究に時間がかかる? まだ今年のシーズンも始まっていませんぞ。半年もあれば結論は出せるだろうし、それくらいで出せないようなら、本気でドラフト制度の見直しをする気がない、プロ野球は表も裏も金で選手を集める組織から変わろうとしていない、と、私なら思う。裏がないとは思えないのだ。
 自球団の利害のみ考えて、野球界全体の問題とは考えない。ドラフトとFA制度がある程度リンクしていることは認めよう。しかし、チーム間の戦力バランスを均等にするドラフト制度と、選手が意中の球団へ移籍する権利を認めるFA制度は、同列、一括に論じるべきではない。ドラフトでまず新人選手を均等に分配するべきで、アマ選手の希望を汲み取るふりをして有力選手に金でツバ付けるようなマネは見苦しい。FA制度は、プロとして、より評価の高い、あるいは意中の球団に移る権利を与えるものだから、こちらは選手が主体でなければならない。間違っても、金持ち球団が、選手をかき集めるのに有利な制度にしたい、という意図で制度を誘導すべきではない。
 プレーオフなどという客寄せ興業でしかないシステムを考えているヒマがあったら、野球界のため、戦力の均等化という観点から考えて、ドラフトの希望枠を無条件撤廃、高校生と社会人の二本立ても一本化すべし。球団も頭を切り換えなさい。金で選手を集めた球団が優勝するとは限らないでしょう。競争あるところに成長あり。大人になりなさいよ、みんな。
                                 (仲)

                               戻る

« 謝るときは全部謝れ  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 踏んばろう能登  ~ゆうてもええかな~ »