« 北朝鮮をめぐる5ヶ国  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | アジアの株安が駆けめぐる  ~ゆうてもええかな~ »

2007年2月23日 (金)

不気味な暖かさ  ~ゆうてもええかな~

 この週末は冷え込むようだが、全般に暖かい冬が続いたまま、2月を終えようとしている。油断をするのはまだ早くて、関東近辺でも3月から4月にどか雪が降ったりすることもあるから、突発的な寒気には充分注意していただきたいのだが、長期予報を見ると、このまま春になってしまいそうである。
 桜の季節も早そうだ。今時、新入社員の初仕事と称して、花見の場所取りをさせる企業も少なかろうが、今年は新入社員が入る前に、桜が咲いてしまうかもしれない。なにしろ、杉花粉の飛散がすでに全国的にピークを迎えているのだ。かわいそうなのは、花粉症の受験生で、例年にないハンデを負わねばならない。全力を出し切るよう切に祈る。
 エルニーニョ現象だとか、温室効果ガスによる温暖化だとか、原因を探れば何かしら上がってくるのだろうが、この冬の暖かさは、今年突出したものと思いたい。気候が変われば、損をする人、得をする人、両方出てくるから、一概にどっちがいいかは言えないが、熊が冬眠しなくて里まで下りてくるとか、沖縄で育つリュウキュウキッカサンゴが、潮岬沖で育っているのが見つかったとか、自然界の生態系まで変わってくるとなると、笑い事ではない。畑では作物の出荷時期が変わり、海では漁場がじわりと北上していたり、山では雪が少なくて、これで夏が酷暑だと、水不足の怖れさえ出てくる。
 梅雨には、とんでもなく発達した雨雲による集中豪雨の被害が、毎年聞かれるようになっている。竜巻の被害のニュースも、記憶に新しい。ここ最近の日本の気候は、豪雪かと思えば酷暑に夏台風の襲来など、極端から極端に走って、中間の、例年通りだなあ、と思う年が少なくなっているような気がする。
 厳しい寒波が来ないのはありがたいが、反面、なんだか薄気味悪い。地球規模で、何かが変わっているように思う。近代的化学の手法で環境データの収集を始めて、まだ二百年にならないのだから、地球環境の大きな波の範囲内であればいいのだが。人間の活動のせいで環境が変わったのなら、そのしっぺ返しは、甘んじて受けるほかないと思う。
                                    (仲)

                                  戻る

« 北朝鮮をめぐる5ヶ国  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | アジアの株安が駆けめぐる  ~ゆうてもええかな~ »