« さて、VISTA  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | バイオ燃料は普及するか  ~ゆうてもええかな~ »

2007年1月26日 (金)

安倍クンどうする  ~ゆうてもええかな~

 25日の通常国会召集直前に、政府の教育再生会議が第一次報告をまとめ、安倍首相に提出した。そしたら、ゆとり教育の見直しと授業時間増、教員免許の更新制度などを盛り込んだ法案改正を、今国会で法案化して審議するという。安倍首相は『教育再生国会』にするのだと語っているが、法案化にあたって与党との折衝もできていない。実行省庁の長たる文部科学相が、着手済みの教員免許更新は法案化できても、その他は事実上時間切れになると言う。
 そう、今回の通常国会は、会期延長が難しい。会期は150日、6月23日まであるが、7月には参議院選挙があり、各党の皆様、国会どころではなくなるからだ。
 今国会で必ず成立させなければならないのは、07年度の予算案。これを人質にして、野党が現役閣僚の事務所費会計問題を突いて、少しでも弱腰になると、首相の支持率がまた下がる。4月には統一地方選が控えており、下降する支持率を支えておかないと、参院選に影響することも考えられる。
 リーダーシップを示すために教育改革を推し進めるのも、これも大事な問題ではあるが、本当は隠れ蓑ではないかと思う。安倍首相のなかでは、予算案を成立させた次に、本当は国民投票法の成立と、イラク特措法の延長こそが優先させたい法案のはず。しかし、これに手を付けると、参院選の争点になるのは必至。そして、争点になれば今の世論では不利で、選挙を優先したい与党の国会運営協力態勢が得られない。
 だから、誰もが問題だと思うはずの教育を前面に押し出した、という魂胆が見える。だから、7月まではおとなしくしていて、本当に手を付けたい重要法案は、選挙の結果を見てから次の国会で通す心づもりだろう。
 とにかく、今国会は時間がない。閣僚の事務所費会計問題でおたおたすれば、安倍首相の存在感はどどっと下がる。今でも、顔が見づらくなって、政府を引っぱる力強さに欠ける印象の安倍首相、さて、今国会をどう乗り切るか。見物である。
                                     (仲)

                              戻る

« さて、VISTA  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | バイオ燃料は普及するか  ~ゆうてもええかな~ »