« 知事ドミノは止まるか  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | サンタもトイレに  ~ゆうてもええかな~ »

2006年12月15日 (金)

Winnyに罪はあるか  ~ゆうてもええかな~

 水曜日、パソコン用ファイル交換ソフト「Winny」の開発者に対する訴訟の判決が出た。有罪、罰金刑。検察の求刑は懲役刑であったことからすると、罪の程度を相当量軽くしたが、有罪であることには変わりがないので、どちらかというと、被告が控訴することを見越して、判断を上級裁判所にゆだねた形と見えなくもない。
 開発者は、徹底抗戦を声高に唱える。今回の起訴は、著作権侵害ほう助、つまりWinnyを開発する際に著作権のあるファイルをコピーすることが念頭にあったかどうか、とうことが争点になったわけだが、そんなつもりは毛頭無い、新しい技術を開発しただけで罪になるのか、と、全面否認である。
 そもそも、Winnyの問題は、悪意のある利用者がコピーを作成したり、Winnyを介して他のパソコンの情報を入手する、あるいはウィルスを仕掛けて情報の大量流出を狙う、といったところにあるわけで、Winnyを手に入れて悪用した人が悪い。そこに、その悪事を可能にしたソフトを開発したことが罪になるかどうか。検察としては、Winnyの悪用を抑えるに、Winny自体の使用を食い止めたくて、その開発者をやり玉に挙げた、というあたりが本当のところだろう。若干、理不尽な起訴じゃないか、という気がする。
 では、開発者側の言い分は正しいか。これも、研究開発者特有の独善的な発想であり、開発、発明、進歩が善であるという一面的な主張に過ぎない。企業人から言わせれば、世間知らずの学者が自慢しているとしか見えなくて、実際にWinnyを使った犯罪で被害に遭っている人がいるのだから、いくらフリーソフトとはいえ、そういう誤った使い方を許した責任は負うべきだろう。それを食い止める手だてを充分検討したか。違法行為に利用されるという認識は無かったか。あったなら何らかの対処をするべき。無かったというなら、己の想像力の限界を恥じて、己が開発ソフトを他人に使わせる愚を繰り返さないことだ。現に、Winnyが存在したために機密情報を漏らしてしまうという事件が発生しているのだから。開発したいなら、学会のなかで好きなことをやればいい。他人に使わせるには、どのようなリスクがあるかを検証できる人や組織を通しなさい。
 世間で生きるための原点である。他人様に迷惑かけちゃ、いけないよ。
                                          (仲)

                              戻る

« 知事ドミノは止まるか  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | サンタもトイレに  ~ゆうてもええかな~ »