« 教育基本法で何が変わる  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 北朝鮮の核は  ~ゆうてもええかな~ »

2006年11月24日 (金)

経済成長は長いと言うが  ~ゆうてもええかな~

 どのマスコミも、実感無き経済成長、戦後最長だが成長率低下、と、ネガティブな論調である。政府も11月の月例経済報告で、消費に弱さが見られると指摘しており、全般的には緩やかな回復が続いているとしながらも、喜べない状況であることを認めている。
 私もビジネスマンの端くれであって、経済の状況は注目している。企業の設備投資は、今のところ旺盛であるが、これも中身をよく見ると、最先端で生き残る勝ち組や、海外向け投資の比率が増えており、国内全般で設備導入が動いているわけではない。強き者が引っぱるおかげで、数字上では継続して旺盛なように見える。
 国内消費は、9月くらいから、急激に勢いを失った。デジタル三種の神器のうち、携帯やデジカメは付加価値での差別化を図らざるを得ない状況に入っている。薄型テレビも、地上デジタルでの買い替え需要が思ったほど伸びず、パソコンと共に、買い控え、新機種の様子見で、大きく在庫を抱える結果となっている。
 電化製品のみならず、消費者の需要は、相変わらずの低価格志向と、少し値は張るがちょっといい物を買おうとする層に分かれており、当然、ちょっといい物指向の方が少数派で、こういったところが利益を上げ、緩やかな景気拡大を支えている。しかし、数量が出ないと、製造業は苦しい。生産量の伸びが鈍化している現状では、利益確保も苦しい。製造業は、この冬を乗り切るのに頭が痛いことだろう。
 金融機関も、中間決算では、投資に陰りが見えてきているため、苦しい数字が並んだ。もうこの時期になると、ボーナスめがけて挽回策を練り上げてきているはずだが、株式市場が安定せずにダッチロール状態で、個人投資家の意欲を下げており、債券の乱高下もあって、損益を計上している。
 雇用も、完全失業率の回復が鈍く、回復を実感している人とできない人に分かれているのが実態だ。全体の数字を追っただけでは、現状の判断が甘くなると思う。もう少し悲観的な状況だと、私は見ている。
                                       (仲)

                             戻る

« 教育基本法で何が変わる  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 北朝鮮の核は  ~ゆうてもええかな~ »