« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月27日 (金)

学校で教えること  ~ゆうてもええかな~

 独り身だから子どもはいないが、中学生の姪と小学生の甥がいる。二人とも、今のところ、のびのび育っている。姪はマイペースで本を読んでおり、甥は近所の友達同士で楽しく遊んでいる。
 この子たち、両親は共働きだが、祖父母が近所に住んでいて、両親不在でも、一人で食事をすることは、まず無い。両親も虐待のしようがない。ご近所や祖父母の目が届くところで生活していれば、まあ安心していいだろう。
 ところが、このごろは学校が物騒になっているようで、そちらの方が怖い。先生がいじめのきっかけを作った、などと報じられるのを見ると、学校で何を教えているんだろう、と思う。いじめなんて、私が子どものころ、三十年くらい前にもあった。しかし、そのころは逃げ場所があった。子どもの活動範囲は学校だけでなく、家に帰れば近所の子どもたち、高学年から幼稚園のチビまで一緒になって遊ぶコミュニティがあった。学校に行きたくないなと思っても、死ぬところまで追い込まれることは稀であった。
 だからといって、親たちがご近所のコミュニティの役割まで学校に求めるのは、酷というものだ。先生は、勉強を教える人。人付き合いやしつけ、いじめられたときの対処まで、先生が教えろというのは、無理な相談だ。先生ったって、近ごろの若いのになると、どんな教育を受けてきたか、分かったものじゃない。親たちは、自分が受けてきた教育を思い出して、反省すべし。
 ただ、受験科目しか教えない高校も、どうかと思う。生徒集めのために進学率を上げるという経営方針は、それ自体は立派だが、決められた授業の枠を取らずに受験科目に集中するというのは、ルールを破っても競争に勝てばいいという価値観に捕らわれている学校の焦りが見える。
 ただ、高校を責めるのは酷のような気がする。ころころ学習指導要領を変えたり、管理指導してこなかった教育委員会や文科省の責任が大きいと思うが、いかが。
                                       (仲)

                             戻る

2006年10月20日 (金)

ハインリッヒはどこにでも  ~ゆうてもええかな~

 製造業に従事していれば『ハインリッヒの法則』は必ず教わる。『同一業務で1件の重大災害が起こったなら、その他に29件の軽微な災害があり、さらに300の隠れた異常がある』というものである。重大災害というのは、重傷者または死者が出た災害、軽微な災害は、軽症で済んだ災害、隠れた異常は、事故にはならなかったが、当事者や周囲の人が何らかの危険を感じた場合を言う。隠れた異常は『ヒヤリハット』とも呼ばれる。ヒヤリとしたり、ハッとするようなことが起きた場合である。
 この比率は、時代や業種によって変化するが、災害発生の件数はほぼ同一のピラミッド形状になるとされている。そして『ヒヤリハット』の原因の98%は、本人の不安全行動と不安全状況、つまり自分のミスか、仕事場の小さな異常の見過ごしであるとされている。
 製造業以外でも、おそらくハインリッヒの法則が当てはまるであろうと思われる案件がある。一つは、警察官やバス運転手など、プロの飲酒運転。事故が1件あれば、他にも29人は飲酒運転をして見つかっていない人がいると推定される。公務員の服務違反もそうである。某市役所では、覚醒剤で4人検挙されているが、根っこが庁内に広がっていると考える方が自然である。
 そして、いじめ。痛ましい自殺行動がある場合、校内には他にもいじめられている子がいると考えた方が良い。いじめを特別例と思うな。無意識を含め、他人をいじめることを快感とする子どもはいる。その感情のコントロールを躾けるのは親の責任、団体生活でのルールを教えるのは教師の責任である。教育改革が今の政府の重要課題だそうだが、子どもよりまず親と教師を教育する必要があるのではないか。
 重大災害を防ぐには、『ヒヤリハット』を見つけて潰していくのが常套手段である。重大事件も似てはいないか。特別例と考えず、組織全体から隠れた異常を潰していかないと、同じような事をいつまでも繰り返すだけである。
                                       (仲)

                            戻る

2006年10月13日 (金)

便利だった ~ゆうてもええかな~

 水曜日の朝刊に、NTTドコモの広告が出ていた。「クイックキャストサービス終了のお知らせ」と書いてあって、「クイックキャスト」とはなんぞや、と読んでみたら、ポケットベルのことだった。いや、厳密に言えば、ポケットベルサービスの現在のスタイルなのだ。
 ポケットベルが出回ったころは、便利な物が出てきた、と思ったものだ。それまで、外へ出かけている人に連絡を取る手段が無く、立ち回りそうなところに電話をかけて探すか、当人から電話がかかってくるのを待つしかなかった。そこへ、ポケットベルが登場した。初期は、番号しか表示できなかったが、そのポケットベルに電話をかけて、折り返し電話して欲しい番号を連絡すると、相手が外にいてもつかまる。あとは、向こうから電話してくるのを待てばよい。
 大ブームになったのは、確か15年くらい前だったろうか。そのころには文字も表示できるようになり、数十字の短文が送れるようになった。そこで、特に女子高生の間で、ポケットベルを使ってのコミュニケーションが流行った。文章を縮めたり、文章を数字に置き換えて送ったりして。ただし送る側は家の電話か、公衆電話だったから、電話ボックスに数人の女子高生が入ってきゃあきゃあ言っていた光景が、当たり前だった。
 しかし、そのブームも長くは続かなかった。そのころから普及し始めた携帯電話やPHSに押され、需要は落ちていった。携帯電話にメール機能が付くと、ポケットベルは圧倒的に不利になり、21世紀になるころには、ほとんど目にすることが無くなった。
 今でもサービスが続いていたことに驚いた。まだ需要があったのだ。病院内や工場内など、携帯電話が使えない場所では、まだ生き残っていたらしい。しかし、NTTのサービスは、来年3月で終了する。代替サービスか、別業者への移行になるようだ。
 20年前には最新のツールでも、10年で陳腐化し、さらに10年で衰退していく。今の携帯電話も、10年もすれば陳腐化するのだろうな。「昔は手で持って話してたんだって」とか、「画像がなかったんだって」とか。まあ、それが時代の流れというものだろう。
                                       (仲)

                             戻る

2006年10月 6日 (金)

北の核  ~ゆうてもええかな~

 ハンカチ王子のような気楽なネタで書きたいが、避けて通れまい。
 北朝鮮が核実験を行うことを予告した。止めさせたいなら米朝二国で話をさせろ、という脅迫である。しかもご丁寧に、発表は実行を伴うものである、と念押しをしている。
 お得意の瀬戸際外交であるが、手持ちのカードはさほど残っていない。ミサイル発射実験も、結果的に日本とオーストラリアの金融制裁を受け、中国も面子を潰されて一歩引いた。長雨による被害の立て直しができないまま、頼りは韓国の人道援助だけだから(少なくとも表向きは)ミサイルというカードは潰されたも同然である。
 核実験など独力でできないし、裏ルートでつながっている軍事技術の関係があり、何らかの取引で軍備だけは怠りないようだ。何の取引かは、推定で言ってはいけないことがほとんどで、ヤミの資金源と呼ばれるものに類するもの。だから、それで食料は買えない。表で使えない金だとすると、肥え太るのは軍部と指導部ということになって、当然、外交的に使えるカードも軍備に限られる。
 ミサイルは封じられた。飛行機や船、潜水艦は、在韓・在日米軍の方が上だ。間違っても隣国への侵攻はできない。となると、核兵器が最後のカードになる。
 この最後の切り札を切った。即座に世界は反応し、国連で議論が始まっている。中国も、ここで核実験をされては困る。影響力を行使するには、北朝鮮が核保有国になることは絶対にあってはならない。ロシアは自分ちに攻めてこないと高をくくっているから見物を決め込むだろう。アメリカがどう出るか。ここに、最悪のシナリオが描かれる。世界中の誰が、米軍による空爆はない、と断言できるだろうか。日中韓の迷惑など知ったこっちゃなく、独自行動に出る可能性は、ゼロではない。
 日本の対応は、ちと緊張感に欠けている気がする。核実験が成功すれば、日本は再度、被爆国になりかねないというのに。国連での声明では、いつまとまるか分からない。安倍さん、中韓と協調して止められますか。メルマガの準備をしている場合じゃないよ。
                                       (仲)

                              戻る

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »