« 教科書が変わる  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 水を一杯  ~ゆうてもええかな~ »

2006年8月25日 (金)

デジカメ戦争  ~ゆうてもええかな~

 カメラは銀塩フィルムがいい、と私は思っているが、世間はそうはいかず、デジタルカメラしか売り場にないような状況である。
 デジカメの市場は、今や混沌としている。ハンディタイプのカメラは、携帯電話の方が機能も画質も追いついてきて、差別化を図って販売台数を確保するのに躍起になっている。カメラはプリンタとセットで、自宅で好きな画像だけをプリントするとか、パソコンに取り込むとか、周辺機器とタッグを組むと強いが、携帯電話の方は、撮った画像をそのままメールで送れるから、機動性では分がある。画質は五十歩百歩だけに、当面はしのぎを削ることになるだろう。
 一眼レフも、デジタル化で様相が一変している。一眼レフと言えば、キヤノン・ニコン・ミノルタ・ペンタックスといった老舗が強かったが、そこにソニーが、コニカミノルタを買収して参入、キヤノン・ニコンの2強を抑える勢いである。
 ソニーは、ハンディカムなど、ビデオ部門で光学系の技術を持っている。記録媒体がフィルムからメモリに変わった時点で、画像を取り入れる受光素子と、それをデジタル信号化する技術をカメラに盛り込むことになると、その技術を持っているソニーは、参入する際の技術的障害は低かった。しかも、一眼レフの特徴である交換レンズ群は、コニカミノルタを取り込むことでクリアし、一気に攻勢に出て、成功した。
 キヤノン・ニコンも、手をこまねいて見ているわけにはいかない。受光素子とデジタル信号化、メモリ搭載などの技術が手に入れば、交換レンズ群や一眼レフとしての性能、中級~上級の腕に応えるだけの正確な光量計算や絞りの開閉といった本体の性能は高く、根強いファンが多い両巨頭のこと、シェアを死守するための対策を打ち出している。
 今のところ、キヤノン、ソニー、ニコン、ペンタックスなど、といった順序になっている。でも、私は、パソコンで画像修正を簡単にしてしまうデジカメより、一発勝負のフィルムカメラの、シャッターの手応えの方が好きなのだが。アナログ人間の繰り言になるのだろうな。
                                       (仲)

                                     戻る

« 教科書が変わる  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 水を一杯  ~ゆうてもええかな~ »