« 障害は誰にでも  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | テポドンドンドン  ~ゆうてもええかな~ »

2006年6月30日 (金)

行かなきゃいいのに  ~ゆうてもええかな~

 水曜日から、朝鮮半島は金剛山で、南北離散家族の対面事業が行われている。その中で、日本のメディアで突出して取り上げられているのが、金英夫氏の動向であり、記者会見まで開かれた。拉致被害者に認定されている横田めぐみさんの夫とされているために、日本のメディアが注目しているわけだが、なぜ、北朝鮮の思うつぼのままに動くのか、理解できない。
 そもそも、南北離散家族同士の面会という名目であり、つまりは北朝鮮は、金英夫氏を拉致したとは言っていないし、韓国に向けて、金英夫氏の存在を特にアピールする理由がない。彼と、娘のヘギョンさんを引っ張り出したのは、日本向けのアピールであることは明白で、日本と韓国の家族が共闘しないように釘を刺すために出したのだろう。拉致だ何だと騒ぐのは日本の戯言であり、そこに固執して国交を妨げる、日本は悪い奴らだ、と言うためである。
 それにご丁寧に付き合っている日本のマスコミも人がよすぎる。そういうのは代表一社に任せて、北朝鮮の言い分を電波に乗せる愚は止した方がいい。これは、北朝鮮側の発言を封じる意図ではない。たぶん北朝鮮が金英夫氏にこう言わせるだろうと思った通りのことを言っている、つまりすでに予想できたことだから、ニュースで取り扱ってまで日本中に知らせる必要は無いと思う。揚げ足を取って北朝鮮を非難したいのなら、話は別だが。
 そういうところにのこのこ着いていくから、向こうの言いたいことが世界中に流れる。北朝鮮を追い込みたいなら、もう少し政府が考えなければならない。
 そもそも政府は、日本という国がアジアで影響力を発揮できる国かどうか、正しく認識すべきだ。日本が何をしても、北朝鮮が困ることは、今のところない。日本が圧力を掛けたところで、中国の後ろ盾がある間は、そして韓国の太陽政策がある間は、のれんに腕押しとはこのことで、北朝鮮としては、拉致問題のさらに根源をさらしてまで日本と付き合うメリットはない。北朝鮮は、アメリカを見ている。強気な態度だが、金融封鎖には困っている。中国は、アメリカと対立してまで、北朝鮮の面倒を見てはくれない。普段からアジア諸国と仲良くして、金ばらまきではなく、政治経済を支えて味方にする努力をしなかったツケが、ここにも現れている。アジア諸国がぐるりと金や物資の流れを止めれば、北朝鮮はすぐに干上がるだろうに。そういうこともできずに、のこのこ取材に行くのも、間が抜けた話だと思う。
                                       (仲)

                                                         戻る

« 障害は誰にでも  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | テポドンドンドン  ~ゆうてもええかな~ »