« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

行かなきゃいいのに  ~ゆうてもええかな~

 水曜日から、朝鮮半島は金剛山で、南北離散家族の対面事業が行われている。その中で、日本のメディアで突出して取り上げられているのが、金英夫氏の動向であり、記者会見まで開かれた。拉致被害者に認定されている横田めぐみさんの夫とされているために、日本のメディアが注目しているわけだが、なぜ、北朝鮮の思うつぼのままに動くのか、理解できない。
 そもそも、南北離散家族同士の面会という名目であり、つまりは北朝鮮は、金英夫氏を拉致したとは言っていないし、韓国に向けて、金英夫氏の存在を特にアピールする理由がない。彼と、娘のヘギョンさんを引っ張り出したのは、日本向けのアピールであることは明白で、日本と韓国の家族が共闘しないように釘を刺すために出したのだろう。拉致だ何だと騒ぐのは日本の戯言であり、そこに固執して国交を妨げる、日本は悪い奴らだ、と言うためである。
 それにご丁寧に付き合っている日本のマスコミも人がよすぎる。そういうのは代表一社に任せて、北朝鮮の言い分を電波に乗せる愚は止した方がいい。これは、北朝鮮側の発言を封じる意図ではない。たぶん北朝鮮が金英夫氏にこう言わせるだろうと思った通りのことを言っている、つまりすでに予想できたことだから、ニュースで取り扱ってまで日本中に知らせる必要は無いと思う。揚げ足を取って北朝鮮を非難したいのなら、話は別だが。
 そういうところにのこのこ着いていくから、向こうの言いたいことが世界中に流れる。北朝鮮を追い込みたいなら、もう少し政府が考えなければならない。
 そもそも政府は、日本という国がアジアで影響力を発揮できる国かどうか、正しく認識すべきだ。日本が何をしても、北朝鮮が困ることは、今のところない。日本が圧力を掛けたところで、中国の後ろ盾がある間は、そして韓国の太陽政策がある間は、のれんに腕押しとはこのことで、北朝鮮としては、拉致問題のさらに根源をさらしてまで日本と付き合うメリットはない。北朝鮮は、アメリカを見ている。強気な態度だが、金融封鎖には困っている。中国は、アメリカと対立してまで、北朝鮮の面倒を見てはくれない。普段からアジア諸国と仲良くして、金ばらまきではなく、政治経済を支えて味方にする努力をしなかったツケが、ここにも現れている。アジア諸国がぐるりと金や物資の流れを止めれば、北朝鮮はすぐに干上がるだろうに。そういうこともできずに、のこのこ取材に行くのも、間が抜けた話だと思う。
                                       (仲)

                                                         戻る

2006年6月23日 (金)

障害は誰にでも  ~ゆうてもええかな~

 韓国の大法院、日本で言うところの最高裁が、性転換による戸籍の性別変更の請求を棄却した下級審の判決を、差し戻した。事実上、戸籍上の性別の変更を認める決定である。
 もちろん、賛否両論あり、どちらが正解とは言えないが、私はこの決定は賛成したい。
 性別に関する点でだけ議論すれば、賛意は得にくいだろうし、私も、例えば兵役逃れや家督・遺産相続関係など、損得勘定の結果の性転換は禁じたい。ただし、最近聞くようになった、性同一性障害を抱える人たちには、性転換の権利を認めていいと思う。
 自分の性に苦痛を感じ、異性になりたいと願うことは、世間的にはおおっぴらにできることではない。しかし、当人にしか分からない障害を抱えながら一生を送るのはつらい。個人の嗜好の範囲を超えた、障害と認められるものならば、性転換を認めるか、その他なんらかの補助があってもいいだろう。
 私自身、パニック障害の診断を受けた者として、まわりの人たちに分からない苦しみ、つらさを経験し、現在も治療しつつ、社会で生活している。このパニック障害も、長くその症状は知られていながら、他の神経系の病気とされ、ひどい場合は怠け病、つまり「気のせい」として扱われてきたが、ここ十年来、パニック障害という疾病であることが認められ、世間の認知度が一気に増している。その伝でいくと、今は認知されていないが、なんらかの苦痛を抱えている人は、未特定の障害であるかもしれない。医療が進歩すると、新たな障害が認知されていくことだろう。
 人は、誰しもなんらかの障害を抱えている、と思っていい。健康だと思っていても、知らない間に内臓が冒されていた、というのと同じように、心の病までも含めた障害を抱えていても、おかしくない。
 性同一性障害も、障害であって、その治療法の一つが性転換であれば、選択肢の一つとして、道を開いておくことは必要だと考えている。
                                       (仲)

                                    戻る

2006年6月16日 (金)

ワンセグはどこへ行く  ~ゆうてもええかな~

 世間ではサッカーのワールドカップが始まり、それなりに盛り上がっている。経済効果は予想通りで、特に薄型テレビの出荷が増えている。6割増ということで、ブラウン管テレビの肩身が狭い。電気屋さんも薄型テレビを売りたくて、店頭展示や販売戦略にも力が入っている。もともと、すでに国内でのブラウン管テレビの製造はしておらず、海外品のみになっているから、店内では肩身が狭い。それにしても、地上デジタル対応機を前面に出し、アナログ放送終了の時期をはっきり出さないのも、テレビ本体を売りたい戦略だろうか。画質さえ気にせず、デジタル放送ならではの双方向通信も要らなければ、今のブラウン管テレビでも、チューナーを付ければ受信できる。だが、それに気付かれてしまっては、薄型テレビへの買い換えが鈍るかもしれない。
 携帯電話も売上を伸ばしている。ワンセグ対応機が、価格が張るにもかかわらず、新機種発売を競っている。今までのテレビ受像型携帯電話が広まらなかったのは、バッテリーの消費が激しく、フル充電でも1時間程度しか見られないから、ドラマは見られても、スポーツ中継には物足りない。ワンセグ対応機は、消費電力が抑えられるから、機種によっても違うが、まあ2時間以上は見られる。サッカー観戦ならまず問題ない。
 ワンセグ対応は、何も携帯電話だけとは限らない。小型モバイルパソコンにも対応機がある。こちらの方が、バッテリーは大きいから、外出先でテレビを見るにはこちらがいいかも。携帯電話より大きいのが難点だが。
 ワンセグ対応機で見る画像は、今のところは現在の地上デジタル放送のコンテンツのみだが、これも端末の数が増えれば、ワンセグ向け、すなわち移動端末向けの番組を作って放送する局が出てくるかも知れない。ハードが整えば、ソフト配信はすぐに追いついてくるだろう。ワンセグならではの使い方ができるだろうし、そういう智恵を持つ人は多い。メディアとして無視できなくなるだろう。
 それにしても、もうちょっとバッテリーを長時間持たせるようにしないとなあ。
                                       (仲)

                                      戻る

2006年6月 9日 (金)

退場  ~ゆうてもええかな~

 サッカーの話ではない。逮捕直前に記者会見を開いた御仁が、ご自分でおっしゃった言葉である。ピッチからではなく、市場からの退場である。
 いわゆる村上ファンドに関することは、阪神株をめぐる阪神側の対応のまずさに触れた。村上ファンド側が一枚上手であった事実は認めねばなるまい。しかし、村上ファンド側も、決して余裕があったわけではない。激しい攻防だったが、まさかのインサイダー取引疑惑での終結。予測していた人がいれば、拍手ものだ。
 ライブドアが捜査されなければ、そして堀江元社長に人望があったなら、村上前代表逮捕にまで至らなかったかもしれない。堀江被告に愛想を尽かした元ライブドア陣営の供述や証拠で、村上氏の容疑が固まった。インサイダー取引があったことに対して、特に感慨はない。何をしていてもおかしくないだろう。バレなければ、違法行為も設ける手段の一つである、と、村上氏なら言いかねないからである。
 拠点をシンガポールに移し、逮捕前に記者会見を開いて、謝罪した。その様子を見ていると、罪の意識があるとは思えない。他人への配慮というものが見られない。それが証拠に、予想されるであろう逮捕後の株価下落、含み損の増加といった、出資者に対する謝罪、今後資金運営に支障をきたすであろうファンド関係者への配慮に、触れられていない。
 会見で村上前代表は「レッドカード、一発退場」という言葉を使った。この意味するところに注目して欲しい。ルール違反は認めたが、故意であるとは言っていない。気付かぬうちにルールに違反した、やむを得ず退場する。そう繰り返したが、サッカーの場合、失点を防ぐためにカード覚悟で反則を犯す場合がある。自分は退場しても、残りの10人がゲームを続けてくれる。そして、数試合の出場停止の後、またゲームに参加できる。そういう意図が見える。そう考えれば、「退場」とは言い得て妙だ、と思う。また入場する気満々である。
 退場会見が吉と出るか凶と出るか。私が捜査する側なら、今までの垢を徹底的に洗い出してやろうという気になると思う。市場は、村上銘柄以外だけでなく、米市場の株安を受けて全面安の様相で、逮捕の影響が目立たなくなっているのは、幸か不幸か。
                                       (仲)

                                     戻る

2006年6月 2日 (金)

真っ当なことだけど  ~ゆうてもええかな~

 6月になり、世間が少々騒がしい。今年もクールビズだそうで、まあこんな気楽な話ならいいのだが。
 この木曜日から、駐車違反の監視適用が強化された。運転手がいない車は、監視員がデジカメで証拠を撮り、駐車違反のシールをフロントガラスに貼る。警官だけでなく、巡回が頻繁なので、一般の車両はもちろんのこと、貨物運搬車両でも容赦ない。おかげで、運送会社は戦々恐々、商店への配送車も、走って配達する。やり過ぎとの見方もあるが、やるなら徹底的にやればいい。一切例外無し、パトカーでも回転灯無しで駐車していたら、違反金を取れ。柔軟な適用など言語道断、運転手がいても長時間の駐車なら警告すべし。道が広く使えていいし、どうせやるなら、駐車違反だけでなく、スピード違反に飲酒運転、あらゆる違反を検挙すべし。そしたら、そのうち誰かが、些細な違反の検挙に血道を上げる監視員が滑稽に見えることに気づくだろう。
 目を向けるべきは、霞ヶ関でごそごそしていることの方で、首相の訪米、サミット出席へ向けてのおみやげが、着々と準備されている。その一つが、米国産牛肉輸入再開準備。遅くとも今月の訪米時には、首相はにっこりブッシュ君と握手する、という図式だ。それに向けて、輸入再開のための根回しや科学的根拠のない検討会を重ねている。また、共謀罪に関して。悪事の相談をしただけで罪になるという、これだけいえばぞっとする法律なのだが、野党の反対が強く、対案を出したりして抵抗している。こういう場合、会期を延長するか、継続審議にするか、廃案にするか、ということで、野党の対案に乗らないのがふつうなのだが、与党は、野党案に歩み寄る姿勢を見せている。ということは、与党は、共謀罪という犯罪の内容よりも、共謀することを取り締まること自体を目的としているということだろう。無差別、凶悪テロの撲滅のため、テロを起こす前にテロリストを検挙する体制を作ろうという条約を、先進国が批准しているが、日本はその体制自体ができていない。サミットまでに、なんとか形だけでもいいから、日本もテロ撲滅に参加する意志を見せたいのだ、と見るのは、うがちすぎだろうか。
 市民を取り締まるのもいいが、無駄な会議や体裁のための委員会審議なんかも、よほど無駄だと思うが、取り締まってくれる監視員の方、どなたかいませんか。
                                            (仲)

                                        戻る

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »