« 見た目はいいけど  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 真っ当なことだけど  ~ゆうてもええかな~ »

2006年5月26日 (金)

愛せる国か   ~ゆうてもええかな~

 やや旧聞に属するが、取り上げておきたい話がある。萱野茂氏死去のことである。
 5月6日、元参議院議員で、アイヌ文化の継承と振興に力を注がれた萱野茂氏が、急性肺炎のため亡くなった。79歳であった。その通夜が11日、北海道平取町葬として、中央公民館で行われた。アイヌ文化振興の関係者や、萱野氏の人柄を偲ぶ人たちが大勢、通夜に訪れたという。
 念のために書くが、アイヌは、ヤマト民族とは異なる民族であって、独自の風習や生活様式、文化を持っている。アイヌ語は、文字を持たないため、その伝承は口伝のみによるため、アイヌ語、そして伝わる物語、ユーカラを収集する作業は膨大な労力であり、萱野氏はその研究と収集の第一人者であった。アイヌ民族の代表、象徴的人物と言っていい。
 ヤマト民族(幕府や朝廷のことだが、あえてここではこう呼ぶ)の北上に伴い、交易をし、ときには侵略に遭い、アイヌ民族は徐々に奥地へ追われた。明治以降、政府は蝦夷地を北海道として管理下に置き、同化政策によって、アイヌ独自の文化を否定され、日本人に同化するよう強制された。現在では、アイヌは先住民族と認定する判例も出て、同化から、アイヌ文化の復興を目指す動きが強まる。北海道だけで、アイヌ民族は約2万人強が住み、ある人はアイヌ文化を守り、ある人はいまだに残る差別から、アイヌ民族であることを隠して生活している。
 話は飛ぶが、国会で教育基本法改正の審議が為されている。その中に、愛国心を教育の場で育てる、ということになっているようだが、忘れないで欲しいのは、日本人は皆一律に日本人であるとは限らない、ということである。単一民族国家だと思わない方がいい。圧倒的にヤマト民族が多いが、だからといってヤマト民族のみを念頭に置くのは、政治家としていかがかと思う。愛国心を一律に教育すると言っても、教育を受ける側は一律ではない。己が民族や風土を愛し、先住民族や他の民族に敬意を払い、それらのコミュニティが属する、日本という国を愛する。そういう大人を見て、子どもが育つ。愛国心は、教えることではなく、醸成されるものではないかと思う。
 国会でセンセイ方が時間と金をかけて議論することじゃない気がするけどなあ。
                                       (仲)

                                                                                                     戻る

« 見た目はいいけど  ~ゆうてもええかな~ | トップページ | 真っ当なことだけど  ~ゆうてもええかな~ »